ルーブリック表を作る

GPT-4
GPT-3.5

ルーブリック評価表

評価基準 A (優秀) B (良好) C (改善必要)
知識・技能 英語の語彙と文法が豊富で、正確。 エッセイ全体を通じて、適切な単語選択と文法構造を用いている。 英語の語彙と文法に誤りはあるが、基本的なコミュニケーションには問題ない。 語彙が限られており、文法的な誤りが多く、理解に影響を与えることがある。
思考・判断・表現 論理的で詳細な説明があり、読者を引き込む。 自分の経験を詳細に説明し、読者がビジュアルにイメージできるように表現している。 自分の経験を一定の詳細で説明しているが、表現が一部曖昧で、読者の想像を十分に掻き立てないことがある。 経験の説明が不十分で、表現が乏しく、読者が内容を理解しにくい。
主体性 独自の視点や考えを明確に表現している。 自分の意見や感情を積極的に表現し、エッセイに個性を持たせている。 自分の意見や感情をある程度は表現しているが、それがエッセイ全体の流れに深く結びついていないことがある。 自分の意見や感情の表現が不明瞭で、エッセイが単なる事実の羅列になっている。

追加の評価軸の提案

  1. エピソードのオリジナリティ: 独自の体験や視点がエッセイにどれだけ反映されているか。
  2. 構成力: エッセイの構成が論理的で、流れがスムーズかどうか。
  3. 感情の表現力: 自分の感情をどのように言葉で表現しているか。

追加の評価軸を含む新しい表

評価基準 A (優秀) B (良好) C (改善必要)
エピソードのオリジナリティ 独自性が高く、他にはない特別な体験や視点を持っている。 エッセイが読者に新鮮な印象を与える。 ある程度独自の体験や視点があるが、他の典型的なエッセイと似ている部分がある。 体験や視点に独自性がほとんどなく、一般的で予測可能な内容になっている。
構成力 論理的で明確な構成があり、読者が容易に理解できる。 情報が整然と配置され、論点ごとにスムーズに遷移する。 構成はある程度論理的だが、場所によっては読者がついていくのが難しい部分がある。 構成が不明瞭で、情報が無秩序に提示されており、読者が内容を理解するのが困難。
感情の表現力 感情が豊かで生き生きとしており、読者に強い共感を呼ぶ。 自分の感情を効果的に言葉で表現している。 感情の表現はあるが、それが一貫していないか、エッセイ全体としては感情が薄い印象を与える。 感情の表現が乏しく、エッセイが単調で感情的なつながりがほとんどまたは全く感じられない。
評価項目 A: 優秀 (Excellent) B: 可 (Satisfactory) C: 改善が必要 (Needs Improvement)
知識・技能 A: 多彩で正確な語彙を用い、文章構造が明確であり、正しい文法やスペルを使用している。(Uses a wide range of precise vocabulary, demonstrates clear organization of ideas, and employs correct grammar and spelling.) B: 十分な語彙を用い、基本的な文章構造を持ち、ほとんどの文法やスペルが正しい。(Uses adequate vocabulary, demonstrates basic organization of ideas, and most grammar and spelling are correct.) C: 語彙が限定されており、文章構造が不明瞭であり、文法やスペルの誤りが多い。(Limited vocabulary, unclear organization of ideas, and numerous grammar and spelling errors.)
思考・判断・表現 A: 物事を深く考え、独創的な視点からエッセイを展開し、明確かつ論理的に情報を提示している。(Demonstrates deep thinking, presents the essay from an innovative perspective, and provides information clearly and logically.) B: 一般的な視点からエッセイを展開し、情報は明確に提示されているが、独創性がやや欠ける。(Presents the essay from a conventional perspective, provides information clearly, but lacks some originality.) C: 思考が浅く、エッセイの展開が不明瞭であり、情報の提示が論理的でない。(Shallow thinking, unclear essay development, and illogical presentation of information.)
主体性 A: 自分の経験や感情を豊かに表現し、明確な個人的な声が感じられる。(Richly expresses personal experiences and emotions, with a clear individual voice.) B: 自分の経験や感情を適切に表現し、個人的な声が感じられるが、もう少し深く掘り下げる余地がある。(Expresses personal experiences and emotions appropriately, with a personal voice, but could delve deeper.) C: 自分の経験や感情が不明瞭であり、個人的な声がほとんど感じられない。(Personal experiences and emotions are unclear, with little to no personal voice.)

追加の評価軸の提案:

  1. エピソードのオリジナリティ (Originality of Episodes):
    • A: 独自の体験や視点を示し、読者を驚かせる新鮮なエピソードを提供している。(Presents unique experiences or perspectives, offering fresh episodes that surprise the reader.)
    • B: 一般的な体験や視点を示し、エピソードは興味深いが、オリジナリティに欠ける。(Presents common experiences or perspectives, with interesting episodes but lacking originality.)
    • C: エピソードがありふれており、新鮮味に欠け、読者を引きつける力が不足している。(Episodes are mundane, lacking freshness and failing to captivate the reader.)
  2. 構成力 (Structural Coherence):
    • A: エッセイは明確な序盤、中盤、結末を持ち、段落間の移行がスムーズであり、全体的な構成が一貫している。(The essay has a clear introduction, body, and conclusion, with smooth transitions between paragraphs and consistent overall structure.)
    • B: エッセイは基本的な構造を持ち、段落間の移行は一部スムーズであるが、構成の一貫性に欠ける部分がある。(The essay has a basic structure, with some smooth transitions between paragraphs, but lacks consistency in structure.)
    • C: エッセイの構造が不明瞭であり、段落間の移行がぎこちなく、全体的な構成が乱れている。(The essay structure is unclear, with awkward transitions between paragraphs and overall disorganized structure.)
評価項目 A: 優秀 (Excellent) B: 可 (Satisfactory) C: 改善が必要 (Needs Improvement)
知識・技能
思考・判断・表現
主体性

 スタディポケットは、文部科学省「学校DX戦略アドバイザー事業」サポート事業者に登録されています

 

© 2024 StudyPocket.AI by CODEGYM, INC.